【試合後】明治安田生命J1リーグ 第28節 VSジュビロ磐田

おはようございます。かずおです。

昨日も行ってきました現地参戦!めちゃくちゃ暑かったですね。

序盤は難しい試合になりましたが、なんとか先制、中押しと決めて勝ち切る事が出来ましたね。

序盤はジュビロ優勢、だがスコアは・・・

試合は序盤、マリノスの攻撃に対して完全なる撤退守備の磐田。新監督に代わってからは、デュエルの回数、パスの本数が極端に減り極力試合をバタつかせないような試合の進め方に変わったジュビロ磐田。この日も変わらずボールを奪ったらひたすら縦にボールを入れていました。

個人的には、悪くないなと思った一方で磐田の最終ラインがバラバラで、スルーパスが通っていた点から見て、チャンスは一瞬で生まれるかなと思っていました。←後からなら何とでも言えますが・・・w

前半3分、最終ライン背後を取った藤川が背後から受けたボールをそのまま持ち運び、遠目から右足のミドルシュートを打つが、枠を外れる。この時は枠を外れましたが、前線のルキアンにボールが入ると攻撃のスイッチが入り、動き出す磐田攻撃陣。また、セットプレーから積極的に直接ゴールを狙うなど、序盤のペースを握ったのはジュビロ磐田でした。

前半30分、エリキとスイッチして右サイドに入ったテルが松ケンの縦パスから抜け出し、エリキへラストパスを送り、相手ディフェンスに当たりオウンゴールにて先制。その後、ジュビロ磐田はビルドアップをマリノスに狙われ厳しい展開になるも、ボール奪取のチャンスを生かしては素早く前線にボールを入れてチャンスを作り出すが、無得点のまま前半を終える。

前節と同じく前半1-0、さぁどうする

相手の守備ブロックを崩して先制した点は前節と同じ、ここからはボールを支配しようがやらなければならないことがある。それは追加点を取る事。

とはいえ、残留に向けて必死な磐田、前線のルキアンにボールを入れたり、何とか同点目指して戦ってきます。そして気温30度越えのこの暑さ。両チームともに徐々に疲労の色が見えてきます。

最初の選手交代カードはマテウス ⇒ 遠藤渓太 ⇒ 高野??

マテウスに替わり最初の交代カードは渓太。前節に続き途中出場となった為、個人としては得点に絡むプレーをして己の実力を示したいところ。実際、抜け出した場面でファールをもらうなど随所でいいプレーをしていましたが、エリキからのラストパスに抜け出したところを相手と交錯し、ゴールポストへ衝突し、負傷交代。交代選手は高野が入り、左ウイングの位置に。

そして、待望の2点目は86分、交代で入った高野のサイドチェンジから生まれた。

この日は右サイドにいることの多かったテル、高野からのサイドチェンジを右サイドでボールを受けて、ペナ右でディフェンスと1対1、飛び込めないディフェンスを前にボールを1つ分ずらして蹴ったシュートはキーパーのタイミングを外してファーサイドに突き刺さるゴール。

我慢して終わらせた最後の約10分(AT含む)

2点目を取り、試合を終わらせに掛かるマリノス。随所に時間を使い、時折攻撃に転じた時も無理に行かずに徐々に時計の針を進めた。暑さのあまりに足が攣るタカ君、交代枠は全て使用済み。苦悶の表情を浮かべながら必死に走っていましたが、最後はマイボールで試合終了。

同時刻に開催されていたFC東京がサガン鳥栖に敗れ、これで首位との勝ち点差は1となり、もはや首位は目の前。次節の湘南戦にも絶対に勝ちたいところ。

残る鹿島は、本日の試合で5連勝中のセレッソ大阪が相手。普段は見たくもないセレッソですが、全マリサポがセレッソを応援する事になるでしょう(笑)

ではでは、磐田遠征まとめ。出張で行っていた頃は食べまくって飽きたと思っていましたが、やはり【さわやか】の美味しさは別格。安くて美味しくて素晴らしい。。。

休日の更新で時間があったのでダラダラと書いてしまいましたが、読んで頂いた方、ありがとうございました。

ランキングに参加しております。 クリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

kazuoyfm

サッカー(主にJリーグ)が好きです。 スポーツやグルメ、旅行などの情報を発信していきます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする