【試合後】明治安田生命J1リーグ 第13節 VS ヴィッセル神戸

おはようございます。昨夜の引き分けのショックを引きずり、深夜に金家でタンタンメンを食べた事で胸焼けが半端ないかずおです(どうでもいい)

店に入ると既に傷心のマリサポさん(ほぼ初対面)の方からかずおと気づかれてしまい、そのまま小一時間ほど悔しさを肴に酒を飲んでしまいました(だからどうでもいいって)

試合結果だけ見て、終盤にやらかしたのはすぐにわかるこの馬鹿試合スコアw

スタメンの1トップはエリキ さすがにお休みするよね。

3試合連続ゴールのジュニオール・サントスはベンチスタート。さすがにお休みするよねということと。神戸相手はスペースが望めそうだからエリキのスピードも生きるはず。前節ゴールを決めたテルと前田大然が両サイド。

肉(29日)の日ナイターということで、この日は自宅焼肉で観戦。

上々の立ち上がり

試合は序盤からマリノスペースで縦横無尽にピッチを支配する選手達。これは今日も期待できるぜーと思い見ていたら最終ラインでパスミス(意思の疎通)

狙っていた藤本のボール奪取&抜け出しでアッサリ失点で草ァーーーーッ!!!

またやってるよwwwって笑いながら見ていましたw0-1。

少し落ち込みつつも、よくある事と割り切って観戦。追いついたのは9分後、神戸の猛攻をしのぎ一発の縦パス。前線で受けたテルがドリブルで持ち上がり、パスに抜け出したマルコスがゴール1-1。その後はマリノスペースでゴール前で相手をかわした前田大然が相手に倒されPKを獲得、マルコスが難なく決めて飯倉とジャレて(賛否両論なので割愛)2-1。

前半は2-1で折り返し、交代はないまま後半に臨む。53分、左サイドで縦パスを受けた前田大然がワンタッチでマルコスへパス。マルコスのダイレクトパスに抜け出したタカ君がクロス→大崎タッチ→テルゴールで3-1。

これは素晴らしい展開。当初の失点はあったものの、きちんと跳ね返して大逆転はこの先に大きな糧となる。そんなこんなで、その後もマリノスペースは変わらないままで神戸はたまらず62分に4枚替えで西、酒井、サンペール、古橋を投入。

悪夢の2分間を引き起こした20分間

その後はマリノスが58分にジュニオール・サントスを投入。決定機を2~3個逸し、70分に3枚替えで高野、水沼、松田を投入。このまま終わるかと思ったロスタイム。まずは酒井のアーリークロスに反応した藤本がワンタッチゴールで3-2に、すぐさまロングパスに抜け出した古橋が決めて3-3。

マジで馬鹿かなと思ったほどについついツイート( ˘ω˘ )

気を害した方がいたらごめんなさい

https://twitter.com/kazuo_yfm/status/1299661088624001024?s=20

後半の途中から少しボールを落ち着けるような戦い方が出来ていたように感じましたが、結果的に少し間延びした感じがありました。神戸は前掛かりだったので前線のスペースがあり、トドメをさせる瞬間はずっとあったのに追加点をあげることが出来ず、投入した4人がことごとく上手く立ち回れた神戸が勢いのままに追いついてしまった。ロスタイム終盤には逆転されてもおかしくないシュートがあったこと考えると、逆にラッキーだったと考えても不思議はない。

てなわけで、めげずに来週も頑張りましょう!

次はルヴァン杯の札幌戦。今季の殴り合いの合計スコアは5-4(1-3、4-1)このまま勝ち切るために倒して次に行きましょう!

ではでは

ランキングに参加しております。 クリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

kazuoyfm

サッカー(主にJリーグ)が好きです。 スポーツやグルメ、旅行などの情報を発信していきます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする