【試合後】明治安田生命J1リーグ 第27節 VSベガルタ仙台

おはようございます。かずおです。

意気揚々と望んだ杜の都、仙台。試合開始後から順調にボールを保持。前半に先制点を奪取。淡々と加点して勝利と行きたいところでしたが・・・

そう簡単にいかないのが勝負の世界といったところでしょうか。残念。鹿島はドロー、川崎は負けた事がわかっていただけに痛いドローでした。また、昨日の試合だったFC東京も得点できずにドロー。

あーもったいねぇぇぇぇ

すみません、取り乱しました。。。

相手の対策があろうと、乗り切った前半

この試合においても、相手のやる事は同じでしたね。仙台の場合は長沢を前線の起点としてロングボールを多用、ほとんどは跳ね返していましたが、何度か危険な場面を作られていましたので戦い方としては非常に有効だったなと。また、久々にハモンロペスをしっかり見ましたが、シャドー、ウイングの間のようなイメージでしたが、前線でボールをキープしてタメを作られていたのは凄くイヤな感じでした。あんな事出来たっけ?ドリブルのキレと、一発ドカンのタイプでしかなかったような気がするんだけど・・・

そんなこんなで、相手のブロックは固かったけど、序盤から果敢に攻め上がりを見せていた右SBの松原が高野のクロスを押し込み先制。

逃す決定機、お付き合いしてしまった後半戦

細かい話は抜きにして、前半は我慢して、後半に流れを変えて得点を狙う。後半のジャーメイン、石原の投入がそのサインでした。ジャーメインがSBとCBの間を出入りして適度にパス交換をしてラストパス。一度はポストに救われたものの、左サイドから駆け込んでいた永戸に押し込まれ同点。

追いつかれる少し前から、仙台はDFを削って前線に選手を送り込んだ(ジャーメインと石原)あたりから、最終ラインはバテバテ。何度か裏を取れたし、実際に決定機は2~3回ほどありました。ああいうところは落ち着いて決めきって試合を終わらせる事も出来たと思います。

それと、失点の前のショートカウンターでサイドチェンジ気味の斜めのパスをカットされたシーン。こちらがチャンスなのはわかるけど、ちょっと急ぎ過ぎたかなと思いました。あのシーン、テルが縦に抜けていたので、前線にパスを入れれば抜け出せたか、時間をもう少し使えたと思います。攻める事自体は悪い事じゃなくて、むしろいい事。ただ、そのシーンはあの時間帯に何度もあったので、繰り返し続けられて決定機を作られたのが痛かったですね。

こちらは同じ攻守のやり方でやっているけど、仙台は前線に人数を増やしている。これを忘れてはいけなかったかなと。

ただまぁ、私は野球出身ですし、素人ですし、プロの選手はリスペクトしているので、これ以上は言えません。サッカーゲームしているのとは全く違うレベルの世界のお話。切り替えて行きましょう。

細かい話はさておき、遠征の楽しみ

なにはともあれ、過ぎ去ってしまった事は仕方ない。これを次節への糧にまた応援しましょう。来週ももちろん参戦します。

ランキングに参加しております。 クリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

kazuoyfm

サッカー(主にJリーグ)が好きです。 スポーツやグルメ、旅行などの情報を発信していきます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする