【試合後】明治安田生命J1リーグ 第33節 VS 名古屋グランパス

おはようございます。昨夜の帰りの『勝ちラー』及び帰宅後の祝酒の為にとてもとても眠いかずおです。(飲まずに早く寝ろ)

昨日の試合より2階が開放。いつも座っていた2階のゴール裏席、実に半年以上も離れていた事になります。(8ヶ月?)

久々に帰って来た感覚はホントに懐かしく、またひとつ日常が戻って来たのだなと感じる事が出来ました。

堅守名古屋のブロックを崩すエジゴール

試合開始直後からマリノスペース。名古屋は固いブロックと中盤の番犬、米本と稲垣の素早い動きで攻守の切替を早めて行きます。

ベルギーから帰って来て別人のようにオラオラ系のプレーヤーになったあまじゅんの再三のシュートミスで無得点。このまま無得点かと思った41分、エジガルのポストプレーから生まれたチャンスをえーたろーがクロス→エジゴール‼️

なんとか先制して前半を終えます。

育ててしまった『個』やはり怖い男

後半もいいペースで外し続ける。最近はワダタクさんとのコンビが顕著に良くなってきたナベコーのパス&ドリブル&トラップのエロさ。

ボール奪取のスマートさに目を奪われる事も多々。最近、セリエAなんかだと小柄だけど素早くて守備も攻撃もアジリティを生かした半トップ下みたいなボランチも増えてるので、イタリアで見てみたいなと思ったり。

そんなこんなで名古屋は前田(いたの?)と阿部に替えて山崎、石田を投入。

次のゴールは名古屋、サイドからのクロスに対してディフェンスを背負いながら山崎が胸でトラップ。体勢を崩したのものの、立て直しフリーのマテウスへ…ドカーン

アウェーに引き続き、マテちゃんにやられてしまった。外しまくった報いである(あまじゅん次は決めてね)

気を取り直してエリキと大然で殴ろう

失点直後に水沼宏太、えーたろーに替えてエリキと大然を投入。エリキの動き周りと大然の裏へ抜ける動き、自らを囮にしたスルーなど、変化を与えていく。

得点は右サイドから反対に流れたエリキのクロスを大然が拾い、ダイレクトで小池へ。

ここで小池!←注目!

ボールを受けた小池はワンタッチでマテちゃんをかわしてペナ前へ進みラストパス→ナベコーゴール‼️

ラストパスまでの起点を作った小池もだけど、囮になったアドちゃん、信じて走って来たナベコーも素晴らしい。

https://twitter.com/j_league/status/1318892792710680578?s=21

そして何より、きっかけを作ったエリキも大然もボスの起用なんだよ😭

おそらく狙ったであろう展開で結果が出て嬉しい\( ˙꒳˙ \三/ ˙꒳˙)/

苦しんで勝ち取った勝利

久々の勝利となったマリノス、次の試合はもう2日後だよ!今年初のアウェーだよ!()

ジャスミン亭だよ

我慢したサッカーだったけど、確実に進化はしている。次の試合も楽しんで行きましょう!

ではでは

ランキングに参加しております。 クリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

kazuoyfm

サッカー(主にJリーグ)が好きです。 スポーツやグルメ、旅行などの情報を発信していきます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする