【試合後】JリーグYBCルヴァンカップ 準決勝 VS 柏レイソル

おはようございます。昨夜は仕事後に横浜へ直行、無事に試合前に辿り着くことが出来て試合を観れたかずおです。

以前の会社に比べると横浜駅までの所要時間は早く、新横浜までもワープが使えるのでかなり楽に行けるようになりました。(だからどうした)

おそらく最後になるであろう西ゴール裏

これぞカップ戦!1点を巡る攻防!

今季ここまでの対戦成績は1勝1分(3-1、1-1)でした。徹底した守備陣のブロックと中盤のプレスで守り、奪って5秒でオルンガを駆使し、勝ち点を重ねてきた守備の堅い柏。

試合は序盤からマリノスペース(いや、いつもか)右サイドペナ角からの渡辺皓太のクロスをマルコスが頭で合わせるもポスト?バーを叩く。

そんなこんなで11分。カウンターを防いで臨んだコーナーキックで柏の山下がヘッド一閃。カバーに入っていた喜田さんに当たりゴール。先制点は柏の思惑通りに…これによりマリノスは柏のゴール前の守備網に対して残り時間のほとんどをかけて挑む事に…

後半もあったよ、チャンス盛り沢山

前半追いつけずに後半も攻めるマリノス、時折起こるオルンガ+クリスティアーノのロングカウンターアタック。タダでさえオルンガひとりでキツいのにクリスティアーノまで…ショートカウンターの時は江坂までついてくるなんてもうイヤです。

それでもめげずにチャンスを作るマリノス。決定機だけでエリキ、エジガル、オナイウ。。これらはキム・スンギュさんのスーパーセーブに阻まれ、時折カウンターでオルンガがヤバい展開。

正直それ以外オルンガには何もさせてないけど、身体能力の高さと頭の良さであそこまで完結出来るオルンガ、やはり日本人のフィジカルではちょっと手に負えない。片手で押された喜田さんが吹っ飛ぶレベル。

これには可愛いマリノスケも真っ青です。

攻め続けたけど結果は負け

散々攻めたけどチャンスは作ったけど、試合は無得点のままタイムアップで準決勝敗退。大声で喜ぶ柏レイソルを睨みつけながら、それでも負けたのは事実と認めスタジアムを後にする。(試合中のクソみたいなヤジ、もう聞きたくない)

このところの試合を見た感想はホントにこんな感じ。

  1. 先制点を取る事
  2. 失点を(極力)しない事
  3. 失点して追いつかれても逆転されない事
  4. 我々サポーターは何があっても見守る事

あたりめーだろバーカと思うかもしれませんが、これ真理だと思います(笑)

リーグ、クラブ、運営の方々の仕事があって私たちは試合を見る事が出来ています。チケットに払うお金も、スタグルを運営する店舗の皆様も含めてみんなでの試合開催だと思っています。

日曜日に神戸で自爆ファールを起こした某クラブの某選手に対して『てめーの自爆じゃねーか!』と叫び蛮行を犯した私にとっては実に胸を痛めるメッセージ😭😭😭

はい、反省します。と言う事で、試合終了間際の柏ってる時に全力で手を叩いてやりました。

ひと息ついている暇はないよ!

ルヴァン杯は負けてしまったけれども、リーグはまだまだ続くしACLだって残ってる。加えて今は過密日程の真っ只中であって、1番大変なのは選手たち。怪我なくコンディションを整えて、我々にマリノスのサッカーを見せて欲しい。

外野からは以上でーす\( ˙꒳˙ \三/ ˙꒳˙)/

ランキングに参加しております。 クリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

kazuoyfm

サッカー(主にJリーグ)が好きです。 スポーツやグルメ、旅行などの情報を発信していきます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする