【試合後】第16節 VS 松本山雅

日時:2019年6月22日(土)18:03KO

天気:曇り時々雨

結果:1-0(勝利)

おはようございます。かずおです。

やりましたね!難しい試合になりましたが、みんなでつかんだ勝利。

前半

自陣に入るボールをしっかりと作ったブロックでマリノスの攻撃を跳ね返していく松本。ブロックの外から侵入を試みるも、跳ね返され、何度かカウンターを食らった。前半25分の松本の宮阪のシュートが運よく枠を外れてくれたり、割とラッキーな前半の印象。

対してマリノスは、テルの決定機、康太がポストをたたいたシュート、17分、バーを叩いた天野の直接フリーキック!33分の和田のこぼれ球シュート。

チャンスはあれど、松本の選手の帰陣が早くスペースがない・・・

後半

前半スタッツは、ほぼ7~80%のボール保持率(データがわからないです・・どこかで見れるか、優しい方、教えてくださいw)

後半も攻勢を強めるマリノス、比較的自陣で保持していたボールを動かしていた状態から徐々に前に、天野を一列下げて康太をトップ下の位置に。

両サイドはしっかり塞がれて、エジガルが左右に動くもなかなかシュートに行けない。斜めに動いてボールを受けても前後左右から囲まれる松本の徹底した守備。

奪ったらドッカーンと前に蹴ってよーいドン・・・前田大善がいたとしたら滅茶苦茶怖い展開でしたね。当然だけど、そこまでが目的になっていて、得点に関しては決定機まで作業のように行われるので、精度は高くないんだけどね。

60分、ティーラトンのアーリークロスにエジガルが飛び込むが一歩届かず。殴り続けても決定打が生まれない・・・

そして64分に山田康太OUT、大津祐樹IN。大津はそのままトップ下で自由に動き回り、ここから縦に速くなり始める。気になっていたのは、試合を通じてずっと左サイド偏重だった点、65分にテルにボールが入ったらすぐにチャンスになったので、右サイドはもっと使いたかったですね。

70分前後からは渓太の仕掛けも増えてきて、セットプレーからもチャンスが生まれ始める。畠中のヘディング惜しかった・・・

大津が入ったことで個の体の強さも生かせるようになり、徐々に前でボールをキープできるようになる。松本の動きに少し疲れが見えるようになったと感じた。そして前半から続いている、オレ達の喜田パイセンの中盤支配、一人二人交わしてつなぐ。

そして80分、ついにゴール。

左サイドでボールを持った渓太をティーラトンが『内側』から追い越す

ティーラトンの動きについて行ったディフェンスの隙間が一瞬空き、大津がそこへ走り込み、驚異の身体能力で踏ん張りダイレクトでクロス

中央で受けたエジガルが体をうまく使い、相手と入れ替わり反転シュート

均衡を破る値千金のゴール!! (渓太可愛いw)

引き分けになりそうな雰囲気の中、違いを作り出したのは大津でした。

強く、上手く、熱く戦ってくれました。

その後、すぐに松本に決定機を作られたのは先週の反省を全然生かせていなかったとは思いますが、隼磨が外してくれて助かった・・・

試合はそのままボールを保持し『落ち着かせた』状態で無事終了。

先週の逆転負けがあったので本当に嬉しかったし、湧き上がる歓声は本当に鳥肌が立ちました。

これで順位は暫定2位、来週の試合でFC東京に勝てば勝ち点が並びます。

頑張れ兵さん、頑張れ海夏!

なんだか日曜で暇だったこともあり、ダラダラと感想みたいな内容になってしまいましたw

たまにはいっか、以上!

ランキングに参加しております。 クリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

kazuoyfm

サッカー(主にJリーグ)が好きです。 スポーツやグルメ、旅行などの情報を発信していきます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする