【試合後】明治安田生命J1リーグ 第9節 VS 柏レイソル

おはようございます。長期休暇になると遊び惚けてブログを停止しがちなダメ人間のかずおです。日頃の通勤クソツイートにつきましても、次の職場へ行くまではお預けとなります。(どうでもいい)

チームとしての戦い方は大方定まってきた

マリノスのスタメンは前回とほぼ同じ。チアゴ不在のCBの一角には松ケン。安定した長短のパスの供給は、さすがの一言。控えにまわった伊藤槙人は負けずに奮起してほしいものですし、いい競争になってくれることを望みます。

中盤は扇原が控えにまわり、喜田、天野、マルコスをはじめから使用。ここについては相手によって、前線の組み合わせによって変わってくる部分もあるのかなと思います。前線はエリキ、エジガル、水沼。怪我人が多い中でもこれだけのメンバーが揃えられるのは本当に強化部の力のおかげです。

  • 最終ラインはボールを運べる事(相手のプレスに屈しない)
  • 中盤はボールを保持して競り合いに勝てる事(上手さと機動力)と前線とのバランス
  • 前線はスピードを持って個で勝負できるか(両サイド)、ボールをおさめられるか(CF)

最終ラインに関しては現状は松ケンと畠中、いい関係でボールを運べていると思います。中盤は相手と前線で組み合わせ(大事なことだから2回言う)、前線はエジガルがスタメンで入るのはほぼ決まりなのかなと思います。説明より見ればわかると思いますが、ボールを受けた時のおさめ方が上手すぎる。ほぼノーミスでおさめてくれる。

試合は予想通りマリノスペース

中盤の形は逆三角形で攻撃的布陣。前半開始早々からマリノスはボールを保持しながら前線へボールを運ぶ。柏はしっかりブロックを作ってサイドからチャンスを狙いつつ、マリノスのディフェンスラインの裏もしっかり狙う(オルンガ)

試合を通じて感じた事は、守備が固くてスペースがなかなかこじ開けることが出来なかった。柏の前線の守備はそこまで強くなく、中盤で奪ってショートカウンター(オルンガ)が主な戦い方だけど、この試合に関して言えば、ゴール前で奪ってヒシャルジソンが強引に持ち上がってロングカウンターを狙う機会が多かったかなと思います。単独でゴリゴリ来るので怖さはありますが、これまでの試合では相手のペナルティーエリア近くて奪ってからのプレーが多く、低い位置からの突破では限界があるように感じました。それゆえ、一人二人かわしたところで最後はセンターライン付近で数人がかりで防げていたため、試合中ほとんどサンドバック状態が出来たのだと思います。

試合が動いたのはミス。でもオルンガ凄い。

62分。ペナルティーエリア付近で縦パスを受けた天野がルーレットをするも相手に掛かり倒れる。PKアピールをよそに柏のクリアボールが左サイドに残り、キーパーに戻そうとした松ケンが空振り→オルンガに振りきられ、そのまま失点。ミスは仕方ないけど、あそこで単独で振り切って完結出来るオルンガはやっぱりバケモノです。ひとまわり他チームをいじめたら早く海外に行ってくださいお願いします(笑)

このまま負けか・・・でも追いついた

相変わらず固い柏のブロック。交代で入ったオナイウが何とかシュートを打ち得点。アドちゃんホントによく決めた、シュートの前に出したパスもシュートまでのプレーもコンパクトで素晴らしかった。エジガルに代わって入るとヘタクソが目立つとか言ってごめんなさい。あなたのおかげで追いつきました。

次の相手は大分。凄く行きたかった。

今週末の試合はアウェーなので自宅観戦。昨年断念した大分に行きたかったけど、今年はもう仕方がない。我慢我慢。果たして来年行けるかどうかもわからないけどね。

チームとしての戦い方が大方決まってきたので、新加入選手を含めてみんなで戦おう。

クソみたいに長くなったので以上。

以下はあの日のシャシン達

ランキングに参加しております。 クリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

kazuoyfm

サッカー(主にJリーグ)が好きです。 スポーツやグルメ、旅行などの情報を発信していきます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする