【試合後】明治安田生命J1リーグ 第12節 VS サンフレッチェ広島

おはようございます。新しい観戦形式に未だ慣れることが出来ず、スタグルを食べに15時半を目安にスタジアム入りを目指してしまうかずおです。

上限5,000人のスタジアムのスタグルは、大体どんな時でも30分も並ばずにスタグルが買えてしまうので、ホントに今しかないチャンスであり、仮にチケットが買えなくともスタグルを食べに来るという点においても現地を楽しめる状況であると思います。(夕方には売り切れているモノもあるので注意)

極みフーズさんの広島風お好み焼き(700円)
やっぱりお好み焼きは広島だよ。1人前の大きいの食べたい・・・

今季初の連勝。待ちに待った結果。

序盤から難しい展開にはなりましたが前半の内にマルコスのゴールで先制。後半追いつかれる展開ではあったものの、またもや新加入のジュニオール・サントスのゴールで勝ち越し。終盤は相手を圧倒し、エリキのダメ押しゴールで勝利。

マリノスの前線のメンバーは前節同様に左から前田、ジュニオール・サントス、テル。中盤は和田に代えてタカ君、最終ラインは両サイドバックをそのまま変更し、高野と小池がスタメン。

対する広島はハイネルがボランチの位置だったのが意外。サイドのプレーヤーの印象でしたが、試合を通しては上手いことこなせていたなと思いました。

課題は多いが、結果は出た

前半はマリノスのやりたいことと広島のやりたいことがお互いに出来ていた印象。マリノスはいつも通りにボールを支配して崩していくサッカー。広島はサイド攻撃を徹底して、奪ったら逆サイドに振って決定機を作り出す。先制して折り返すことが出来た前半でしたが、単純な決定機は広島が3~4つかな。その内のどれかを決められていたらかなり難しい展開になったと思います。

徐々に出始めている新加入選手の特徴

これまでのマリノスは両サイドの高い位置に幅を取って抜け出した瞬間に、ニアサイドに高速クロス→今年はディフェンスに待ち構えられている。

となると、別のやり方(攻撃オプション)を作り出さなければならないのですが、これが今季の課題。同じやり方が多く手詰まり感があって上手くいってない。昨季と同じやり方になりがちで、一昨年と同じようなやられ方で失点をしているのがこれまでのチーム状況。

ここで必要になってくるのは、攻撃の時に『個』の力。湘南戦の天野、水沼、オナイウ。清水戦におけるジュニオール・サントス。それはこの試合においても同じでした。決勝点を決めたジュニオール・サントスのゴールは、今までのマリノスになかった『高さ』を利用する事が出来たゴールでした。高さにおいては今シーズンのはじめからオナイウが特徴を生かしていましたが、今はジュニオール・サントスも加わえて高さに個のフィジカルの強さのある選手も加わえ、前田のスピード、カットインしてシュートに絡んでいく動きも加わりました。

こんな感じで、個の能力を生かした攻め方としてオプションがあれば、これまでのサッカーの強みも生かしていけるんじゃないかと思っています。

なにはともあれ

超過密日程の3試合目。新加入選手も、ケガ明けの選手も試合に出ながらコンディションを上げ、試合に出ながらフィットしていくしかないでしょう。日程が厳しいのは他のチームも同じなので、やりながら戦っていくはず。

ACLの日程の関係で、今週はもう明後日(8/26)には試合です。これから続く連戦に向けて、前回完敗した札幌に勝ってやりましょう。

またダラダラ書いてしまったのでそろそろやめますw

ではでは

以下は昨日のシャシン達

ランキングに参加しております。 クリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

kazuoyfm

サッカー(主にJリーグ)が好きです。 スポーツやグルメ、旅行などの情報を発信していきます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする