【試合後】明治安田生命J1リーグ 第23節 VS セレッソ大阪

おはようございます。週末の飲酒量が増えたかずおです。原因はわかっています。鬼門セレッソでございます(思い出したくない)

この日のアテはかずお焼きそば

多くのマリサポが勝利への渇望を望む鬼門セレッソ大阪。アウェーの大阪へは行かずに自宅観戦と致しました。自宅で特製の焼きそばを作り食べながらチビチビと飲むシチュエーション( ´・ω・`)

率直な感想はセレッソ戦だなぁと言う感じ

厳しい連戦の中でも大阪2連戦。消耗に消耗を重ね、やっと引き分けたガンバ戦。耐え抜いた先でどう戦えるのかと見始めた試合でしたが、先制点はセレッソ。中盤で躍動する清武、サイドの個性、10分に坂元の切り返し&クロス。

反応するブルーノメンデスと奥埜。反応が遅れるマリノスDF陣。あっという間の失点で非常に難しい試合に…

整理された戦い方、戦術の幅、監督の人選

前半は0-1で折り返したものの、67分奥埜、71分、80分と豊川(誰こいつ)で4-0で4失点(悲しいから2回言う)

2点目は抜け出した清武がオフサイドかもしれないけど、意図した訳ではなくて崩されていたし、奥埜のマグレっぽいシュートが入る。豊川に関しては、アレしか出来ないけどアレが出来るからこそ起用するにはマリノスはとても相性が良く、試合展開としては容易く裏を取れるであろう展開の中で結果を出したのは必然だったのかなと。

だから何?良かったね(パチパチ)

多少は褒めたけども、セレッソとマリノスは本当に相性が悪い。これまでの結果に関わらず、いまのマリノスはセレッソの餌食になる戦い方をしてしまったという結果と内容が伴ったなんとも言えないバッドゲームでした。

そんな中でも最後に絶対古巣殺すマンである水沼宏太が移籍初ゴールを決める。これは今後に関してポジティブな面として受け止めればいいのではないかな。

そんな悲しさもウイイレして忘れようよ、てな事で

https://twitter.com/kazuo_yfm/status/1317386049664921601?s=21

しっかり勝ったぜ…苦戦したけど

Jリーグはホントに難しい

守備的な堅守速攻同士の戦いは順位に関係なくどちらかが勝ったりするし(当たり前)、攻撃的なチーム同士でもいずれかが守備的になったりする。

失点したけど取り返し合うという、荒れる試合は割と少ない。戦術としてリスクを避けた戦い方をするチームが安定する事実は揺るぎないけど、個人としてはもっと激しい試合を見たいと願う。

守備的な戦い方は相手へのリスペクトと取れるのもわかるし、否定する気も毛頭ない。だけど、マリノス。

得点するのはいいけど失点は防ごうぜ。失点は試合を難しくする。(当たり前)

次の試合は2日後に名古屋と対戦(ホーム)かずおは仕事の都合でギリギリ遅刻すると思いますが、当然参戦予定にございます。

前を向いて行こう

めげずに挫けずに、とにかく信じて最後まで行こうぜ!落ち込んだ時はオレ達の金家が美味い炒飯を提供してくれるさ。

そうさ、今は炒飯フェアなんだぜ!

角煮炒飯(850円)

中華タンタン麺 金家

https://twitter.com/kink_6kakubashi/status/1317289659622281217?s=21

落ち込んだ時は炒飯かタンタン麺だ\( ˙꒳˙ \三/ ˙꒳˙)/

ではでは

ランキングに参加しております。 クリック頂ければ幸いです。 にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

kazuoyfm

サッカー(主にJリーグ)が好きです。 スポーツやグルメ、旅行などの情報を発信していきます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする